【吉田直未プロフィール】

   7歳より祥洲氏に師事し、書の深淵を学び続ける。展覧会での作品発表の他、「''書''を捨てず、街へ出よう!」をモットーに、様々な環境のもと、空間演出やライブパフォーマンスを精力的に行い、共演したアーティスト・ジャンルも多岐に渡る。近年では、公共の学習施設や神社などでの、親子向けワークショップも手掛け、好評を得ている。

   2014年には、理科系施設で生き物をテーマとした作品展「いきもの漢字〜吉田直未 書画作品展」や「虫へんの字〜夏休み むしむし漢字展」を開き、「昆虫を愛する書家」としても活動。自身の世界観を追求し続けている。     
                        
                      京都在住・京都造形芸術大学卒